ウェイトコントロール

使用するウェイト(おもり)を適正なものに設定すること。通常ウェットスーツやBCは浮力があるため、水面に浮いてしまいます。そのため、海中に沈むようにするためにダイバーはウェイトベルトにウェイトを付けて沈むようにします。タンクやダイビングスキルによってウェイトが変わってくるのであらかじめ自分の適性ウェイトを調べておきましょう。

ウェイトコントロールができるとウェイトなしで綱渡りができちゃう!(マネしないでくださいw)

ウェイトコントロールができるとウェイトなしで綱渡りができちゃう!(マネしないでくださいw)

関連記事

  1. 水中カメラ器材の接続部分は、塩噛みしやすいので注意

    塩噛み

  2. 壁沿いは、浮力に気をつけましょう

    ウォールダイブ

  3. カメラハウジングの髪の毛は、水没の原因になります。

    水没

  4. C.P.R

  5. エントリーからエキジットまでの時間。表の潜水時間は50分。

    潜水時間

  6. 副鼻腔

カテゴリーから探す