ウェイトコントロール

使用するウェイト(おもり)を適正なものに設定すること。通常ウェットスーツやBCは浮力があるため、水面に浮いてしまいます。そのため、海中に沈むようにするためにダイバーはウェイトベルトにウェイトを付けて沈むようにします。タンクやダイビングスキルによってウェイトが変わってくるのであらかじめ自分の適性ウェイトを調べておきましょう。

ウェイトコントロールができるとウェイトなしで綱渡りができちゃう!(マネしないでくださいw)

ウェイトコントロールができるとウェイトなしで綱渡りができちゃう!(マネしないでくださいw)

関連記事

  1. 二種類のウェイトがあるが、特に違いはない

    ウェイト

  2. 頼れる存在

    インストラクター

  3. ロープ型のアンカーとライン

    アンカーライン

  4. みんなで楽しくスキューバダイビング

    スキューバーダイビング

  5. 水中カメラ器材の接続部分は、塩噛みしやすいので注意

    塩噛み

  6. IOPのダイビングサービスの設備(シャワー、トイレ、器材洗い場など)

    ダイビングサービス

カテゴリーから探す