減圧不要限界

減圧停止が必要になるまで、その水深にいられる最大時間。この時間を越えて潜ってしまうと、減圧症になる確率が非常に高くなる。
ダイビングを開始する前にダイビングテーブルで減圧不要限界を調べておこう。

starsのダイビングテーブル

starsのダイビングテーブル

関連記事

  1. リバーススクイズ

  2. 減圧症は、関節骨の窒素の気泡により骨壊死を 起こすこともあります。

    減圧症

  3. マスクによるスクイズで目の充血になることも

    スクイズ

  4. 低体温

    ハイポサーミア

  5. 急速な浮上は、肺の膨張をおこし危険です

    エアエンボリズム

  6. 潜った後は、水分補給を。

    水分補給

カテゴリーから探す