窒素酔い

窒素は血液に溶解しないものですが、ダイビングにおいてある程度の水深(20~30mぐらい)に達し高圧になると窒素の溶解が始まります。溶解した窒素は血液に溶け込みお酒によった状態になります。ダイビング中に酔った状態になった場合はすぐに浅場に移動するかエキジットするように心がけましょう。エキジット後も窒素酔いが続くようであれば医師の診断を受けるようにしましょう。また、お酒に酔った状態ににているため、症状に気づかない人もいます。慣れていない人は過度の潜行を避けるようにしましょう。

関連記事

  1. 希少・貴重な珊瑚の上は、当然ながら着低禁止

    着低禁止

  2. 骨がボロボロに・・・

    骨壊死

  3. 保温対策は万全に!

    低体温症

  4. サイナス(副鼻膣)は、前頭洞、蝶形骨洞、上顎洞、鼻膣部分をさします。

    サイナス

  5. 再圧

  6. 潮流に乗ってダイビングをするドリフトダイビング

    潮流

カテゴリーから探す