低体温症

別名ハイポサーミアともいう。体温よりも低い水温の環境でダイビングをおこなうと急激に熱を奪われ、身体の深部にまで体温が低下して運動能力を失うことを言う。症状としては振るえ、思考停止、重度の場合は死亡してしまいます。水は空気に比べて25倍で熱を奪います。プールなどでも唇が青くなってくるのも低体温症です。

保温対策は万全に!

保温対策は万全に!

関連記事

  1. 快調だけど、静かに潜む・・・

    サイレントバブル

  2. 窒素酔い

  3. リバースブロック

  4. starsのダイビングテーブル

    減圧不要限界

  5. 減圧症は、関節骨の窒素の気泡により骨壊死を 起こすこともあります。

    減圧症

  6. 骨がボロボロに・・・

    骨壊死

カテゴリーから探す