酸素中毒

過度の酸素を摂取するとまたは、高圧の酸素を長期にわたり摂取し続けると呼吸系の障害や激しい痙攣やは最悪死にいたることがある。これを酸素中毒という。スキューバーダイビングにおいては水深40m以上で長時間ダイビングをおこなったり、ナイトロックスにおいて窒素の割合によって出る限界水深を超えてしまうと起こる。よく現れる症状としては、呼吸すると肺が苦しくなったり、手足が痙攣などであるが、死に陥ることも充分あるのでダイバーは充分注意が必要である。

酸素中毒にならないように注意しましょう

酸素中毒にならないように注意しましょう

関連記事

  1. マスクによるスクイズで目の充血になることも

    スクイズ

  2. 潜った後は、水分補給を。

    水分補給

  3. リバースブロック

  4. starsのダイビングテーブル

    減圧不要限界

  5. エントリー口より先の白波が立つエリア

    サーフゾーン

  6. 急速な浮上は、肺の膨張をおこし危険です

    エアエンボリズム

カテゴリーから探す