酸素中毒

過度の酸素を摂取するとまたは、高圧の酸素を長期にわたり摂取し続けると呼吸系の障害や激しい痙攣やは最悪死にいたることがある。これを酸素中毒という。スキューバーダイビングにおいては水深40m以上で長時間ダイビングをおこなったり、ナイトロックスにおいて窒素の割合によって出る限界水深を超えてしまうと起こる。よく現れる症状としては、呼吸すると肺が苦しくなったり、手足が痙攣などであるが、死に陥ることも充分あるのでダイバーは充分注意が必要である。

酸素中毒にならないように注意しましょう

酸素中毒にならないように注意しましょう

関連記事

  1. サンセットダイビングでは、甲殻類など夕方にかけて行動する生物が見れるかも

    サンセットダイビング

  2. 腓返りは、足がつること

    腓返り

  3. リバースブロック

  4. 急速な浮上は、肺の膨張をおこし危険です

    エアエンボリズム

  5. 減圧症は、関節骨の窒素の気泡により骨壊死を 起こすこともあります。

    減圧症

  6. 快調だけど、静かに潜む・・・

    サイレントバブル

カテゴリーから探す