減圧症

ダイビング中はタンク内にある高密度の空気を呼吸しているため、陸上よりも過剰な窒素が体内に溶け込んでしまう。 浮上時に呼吸と共に排出されるが、過剰の窒素が溶け込んでいたり、浮上スピードが速すぎると排出が追いつかず 、血液中で窒素の気泡が出来てしまい、その気泡が血流を止めてしまう病気。 減圧不要限界を守り、浮上スピードに気をつければ滅多になるものでは無い。 安全停止をするのは、減圧症になる確��を少なくする為である。別名でベンズとも言う。

減圧症は、関節骨の窒素の気泡により骨壊死を 起こすこともあります。

減圧症は、関節骨の窒素の気泡により骨壊死を
起こすこともあります。

関連記事

  1. 保温対策は万全に!

    低体温症

  2. ボートダイビング時で中世浮力に自信がない場合は、潜行につかまって減圧停止をしましょう

    減圧停止

  3. 急速な浮上は、肺の膨張をおこし危険です

    エアエンボリズム

  4. 骨がボロボロに・・・

    骨壊死

  5. 潜った後は、水分補給を。

    水分補給

  6. 低体温

    ハイポサーミア

カテゴリーから探す